ロトに匿名で当選できますか? | theLotter
 
 
 

参加者はロトに匿名で当選できますか?

巨額のロトのジャックポットに当選したことを想像してみてください! 一晩中その状況をお祝いするでしょうが、それは一番関心のあることではないかもしれません。 一般に公開する必要がありますか? ロトに当選した場合匿名のままでいることはできますか?

当初から、いくつかのロトでは、チケットを購入した国、あるいは州の法律に準じてジャックポットの当選者に公開で賞金を請求することが義務付けられています。 しかし、それ以外のロトではジャックポットの当選者が匿名で賞金を請求することができます。

参加者はロトに匿名で当選できますか?

当選者の情報が公開される理由は?

多くのロトはジャックポットだけでなく、氏名、都市、すべての当選賞金の金額など、当選者に関する基本情報を一般に公開することを要求しています。 その理由は? ロトは、運営内容の透明性を追求しています。 ロトの運営母体は一般の人々がロトの賞金を獲得することができること、そして何百万ドル相当のすばらしい賞金を獲得できることを国民に知らしめたいのです。 賞金の受賞者の氏名を公開することは、ロトの抽選の公平性に対する国民の信頼を高めます。

ジャックポットに当選した一般の方々のストーリーは、ロトに非常に有益です。 これらの情報を知らしめることはロトに対する興味を促し、チケット販売を促進することに役立ちます。

匿名で当選できるロトはありますか?

はい、もちろんあります! theLotterでサービスの利用が可能な35以上のロトでジャックポットの当選者が賞金を匿名で請求することができます。 それらのロトにはユーロジャックポット、ユーロミリオンズ、スーパーエナロット、およびラ プリミティバがあります。 これらの全ロトの一覧はここでご覧いただけます。


ロトの当選を秘密にしておけますか?

2016年1月、パワーボールのジャックポットで$15億8000万の記録が達成された時、そのような莫大な金額をに当選した場合、当選者は何をするだろうかと多くの世論調査が公に質問しました。 多くの人々が「秘密にしておいて」と答えました

ジャックポットの当選を秘密にすることは、アメリカのいくつかの州でのみ可能です。それはデラウェア州、カンザス州、メリーランド州、ノースダコタ州、オハイオ州、サウスカロライナ州です。 ジョージア州も同様の法律を制定中です。 パワーボールのチケットが販売されている他の州や、ワシントン、連邦政府の直轄地、米領バージン諸島、プエルトリコでは、ロトの当選者の情報が一般公開される必要があります。

当選者はどのようにして匿名を保ちますか?

2016年7月の $4億8700万にのぼるパワーボールのジャックポットの当選チケットはニューハンプシャーで購入されました。 ロトの関係者によると匿名を守った当選者は地元の法律事務所が関連するロビン・エッグ2016ノミニー・トラストを通じて、$4億8700万の賞金を獲得したそうです。

ニューハンプシャーロトコミッションのエグゼクティブ ディレクターであるチャーリー マッキンタイア氏は、「パワーボールの当選者に直接お会いできたらと思っていますが、できる限り普通に生活しようと考えられたことを高く評価し、尊敬しています。」と伝えました。

「ロトに当選した場合、プライバシーをより守ることに役立つ戦略や法律があります。」とThe Sudden Wealth Solution(突然の富のソリューション)の著者Robert Pagliarini氏は述べています。つまり、The Sudden Wealth(突然の富)を永続的な富に変換させる12の原則があり、 そのうちの1つは「盲目的な信頼」と呼ばれています。このケースで指す「盲目的」とは、ロトの賞の当選者の身元を確認できない公衆を指します。 これらの問題はかなり複雑ですので、高額ジャックポット賞を受け取る前に弁護士に相談して、法的な選択肢を確認することをおすすめします。

ジャックポットの当選者が匿名を放棄した理由は?

ジャックポットの当選者が匿名を放棄した理由は?

2017年8月に メービス ワンチックさんが$7億5870万になるパワーボールのジャックポットを獲得した時、抽選のわずか1日後に新聞の取材に応じて皆を驚かせました。「私はこれをやりたかっただけで、やり遂げました皆さん私にかまわないでください。」と53歳になるニューハンプシャー在住の女性は説明しました。

多くの人々は、ワンチックさんが公表することに決めた時に重大な間違いを犯したと考えました。 弁護士のJason Kurland氏は、「彼女は投資の機会、慈善団体の要請、彼女を訪問してくること彼女自身が知っている人にさえも翻弄されるだろう。」とメディアに対して述べました。

当選の後日、警察はワンチックさんの居住地周辺のパトロールを強化し、ソーシャルメディアの詐欺を公に警告しました。 もしワンチックさんがLLC(有限責任会社)や信託などの法人名義を使い匿名でジャックポットの賞金を密かに受け取っていれば、彼女はおそらく彼女の私生活に潜んでくるだろう潜在的な危険性を回避していたでしょう。


裁判所の判断ではジャックポットの当選者は匿名が可能

2018年1月にニューハンプシャーの女性が$5億6000万になるパワーボールのジャックポットの単独当選者になった時、彼女は即座に当選チケットの裏面にサインをしました。 州法により彼女の身元を公表する必要があることはほとんど知られていませんでした。もしジャックポットの当選者がこのことを知っていれば、彼女は法的な信託先の名称をチケットにサインし、それにより彼女の匿名性は守られたでしょう。

この女性は彼女のプライバシーを守るよう求める訴訟を起こしました。 彼女の要求は次の通りです。「私はニューハンプシャー州に長年住んでいて、コミュニティの一員として働いています。5億ドルの優勝者として知られたりすることなく、自由にこの仕事の継続し、食料品店に足を運び、公的なイベントに参加できるすることを願っています。」

2018年3月、ニューハンプシャー州の裁判官は、当選者が当選した賞金を匿名を維持したままで受け取ることができると裁定しました。 この裁判官は、当選者の「身元が明らかにされれば、嫌がらせ、勧誘、そして望まないコミュニケーションに煩わされることになるでしょう。」と明言しました。

当選者について「当選者である彼女の氏名を個人の興味に対して非公開にすることが彼女の氏名を公開するという公益に匹敵することになると証明する負担に彼女は遭遇しました。」と裁判官が裁定しました。

この裁定は当選者のプライバシーを守る権利に関して先例となる可能性が高いです。

ロトの当選後に当選を公開する利点

ロトの当選者はロトの当選を秘密にすることはほとんど不可能であるといっています。

2011年7月、夫とともに€1億6100万にのぼるユーロミリオンズのジャックポットに当選したクリスティン ウィアーさんは、「私たちは匿名を希望したが、ほとんど不可能だと知りました。」と伝えました。 「私たちがもっとも近しく、親しい人たちに嘘をついたのであれば、私たちはその当選の経験を楽しめなかったでしょう。」と彼女は語りました。

2002年に£100万に当選した別の英国人の当選者であるジェリー ジェフリーさんはYahoo! Newsに「その他の大多数の当選者と同じ理由でまったく隠されることなく氏名を一般に公開されました。」と話しました。

theLotterにおけるロトの当選の匿名

theLotterでは当サイトの参加者のプライバシーがたいへん尊重されます。 当サイトは決して参加者の氏名/あるいは画像をプロモーションやウェブサイトに当選者の許可なく使用することはありません。 つまり、当サイトから誕生したロトの当選者は当選チケットが購入された国や州の法令・規則・規制に拘束されます。

興味深い例外は、2015年8月にバグダッドから参加した参加者がオレゴンメガバックスでジャックポットの$640万に当選した時です。オレゴンのロトは安全性と警備の懸念からイラク人が匿名で賞金を受け取ることを認めました。 当選者のプライバシーを尊重し、 theLotterは他の大当たり当選者と同様に当サイトにおいてこの当選者の画像にぼかしを入れ、イニシャルのみで情報を提供しました。

ロトに匿名で当選できますか?

ロトに匿名で当選できますか?

ヨーロッパのロトに参加し、トップ賞を獲得できるほどラッキー場合、あるいはアメリカで最大のロトの大当たりの1つを獲得した場合、当選者は賞金を匿名で受け取ることができます。 顧問弁護士が当選者のプライバシーを保護するために役立ちますので専門的な法的アドバイスを受けてください。 幸運が訪れますように!